出産の公的制度

>

出産育児一時金とは

出産手当金とは

出産において、わからない事はたくさんあるかと思います。
出産育児一時金以外もどのような出産手当金というものがある事をご存知ですか?
出産手当金は在職中に妊娠がわかり、出産するまでに休んでる間に給与を受け取っていない間を対象に支給される手当になっています。
妊娠が分かった日から、出産予定日、出産予定日が遅れた日、出産後から56日間を請求できます。
どの健康保険に加入していて出産育児一時金を受け取る事ができても、出産手当金は所得保障で労働者の方のみに支給される制度になっているため、国民健康保険の加入者は受け取る事ができません。
出産手当金を受け取れないケースは無職以外にもいくつかあります。
例えば自営業ですが、出産手当金を受け取れないケースになりますが、家族で自営業を行っている場合は受け取れることもあります。

医療費控除とは

皆さんは一年に使用した家族の医療費の請求書は保管されていますか?
保管して改めて合計してみると一年に10万円を超えている可能性があります。
家族の医療費だけでなく、出産の際にも出産育児一時金の差額を払った際、10万円を超えた場合にも、確定申告した際には税金の還付金がもらえる可能性があります。
地域の税務署によっても金額が変わる可能性がありますが、少しでも戻ってくるのであれば確定申告は出しておいて損はしないでしょう。
また、出産時や通院時の使用したタクシーやバス代、治療のための鍼やマッサージ代、治療に必要な薬代、医師が必要と認めた松葉づえなども医療費として認められているため、領収書は保管しておく事をおススメします。