出産の公的制度

>

直接支払制度とは

メリットとデメリット

まずは個人医院、助産院と大学病院や市民病院の金額を比較してみました。
個人医院では、新しい設備の病院などによっては出産費用の金額の相場が40万円から高額の100万円以上かかる事もあります。
また、大学病院では35万円前後が相場になっている事や、総合病院では40万円前後が相場になっています。
市民病院や助産院ですと、比較的に安くなっていると言います。
出産する際の入院費は個室か大部屋でも金額が変わります。大部屋に比べると個室は、シャワールームが完備されていたりと充実したプライベート空間になっているため、1日当たりの金額が大部屋に比べて高くなっています。大部屋のメリットとして、入院費を抑えられるだけでなく、他のママさんとの交流ができる事も選ばれています。個室では、出産したばかりの体を休ませたい、生まれたばかりの赤ちゃんと二人っきりでゆっくり過ごしたい方は個室がおススメです。

妊婦健診や出産費用

出産費用と妊婦健診費用では、健康保険が適用外になっています。
出産費用は自然分娩の際は健康保険の適用外になっているため、全額負担になっています。
しかしお支払いは、出産育児一時金から差し引いた差額分だけになっている事や、金額によっては医療費控除の制度があります。
また、医学的に必要とされた処置として、合併症や切迫早産、帝王切開などの場合には、3割負担が適応されます。
母子の健康や状態の把握をするには欠かせない妊婦健診は、各自治体の助成金制度により、一部費用を助成してくれるか、全額を助成してくれる制度があります。
妊婦健診の助成制度とは、妊婦健診の補助券や無料券が発行されたり、地域によっては出産助成金を最大60万円支給してくれる事もあります。
出産お祝い金として、子供が誕生するたびに支給される制度があったり、通院用のタクシー券の発行があるところもあります。