出産の公的制度

>

自然分娩や無痛分娩など

正常分娩

正常分娩には分娩第一期から分娩第三期と流れに沿って分娩します。
分娩時間は第一期とは子宮頸部が全開するまでの事を示しています。第一期は初産だと10時間から12時間、経産婦だと5時間から6時間が目安になっていますが、個人によってはバラバラになります。第二期では胎児娩出までの事を示します。
初産ですと1時間から2時間、経産婦ですと30分が目安になっていますが、こちらも個人差になります。初産でも早い人は早いですし、経産婦なのに時間がかかってしまう事もあります。第三期では、赤ちゃんが誕生してから、胎盤娩出までの事を示しています。時間の目安は初産婦、経産婦共に10分から30分以内に処置されます。
出産後は後陣痛という痛みもありますが、子宮が収縮しているために起こる痛みになっています。

帝王切開

帝王切開では、予定と立ててする帝王切開と、何らかの異常や、母子共に危険な状態の時に急いで行う緊急帝王切開があります。
予定帝王切開では、第一子に帝王切開を行っていて今回も帝王切開する際などに行います。
緊急帝王切開では、緊急時や急いで行わなければいけないかが違ってきます。
手術の内容は、意識を残した状態で麻酔をします。次に切開する予定の腹部の消毒です。
いよいよ手術が始まりますが、切開する際には縦と横の二つあります。
今までは縦での切開が多かったのですが、最近では、横切開の方が傷が目立たない事から、多くなっています。
その後に、子宮切開をして胎児と胎盤娩出を行い、出血を止めるために子宮筋層を縫い付けます。その後に腹壁を縫い付けます。
手術の目安時間は、一時間から二時間が目安になっていますが、処置や縫合の時間がほとんどだといいます。